SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
きりん写真部

 
 私の七つ道具の一つに、デジタルカメラがあります。ここ一番の撮影には銀塩カメラですが、毎日持ち歩くにはデジタルのコンパクトカメラです。仕事の行き帰りに、面白そうなものを写真に撮ります。風景、クルマ、ノラネコ、ワンコ...あまり変化のないような毎日でも、一日一日が新しいことを再確認します。
 現在の相棒は、『RICHO GR DIGITAL』です。望遠側は望むべくもありませんが、スナップ写真では頼りになります。



 
顕微鏡写真も接眼レンズから接写してしまいます。


| 写真 | 15:24 | comments(0) | - | このページのトップへ
野良猫さん
 のらねこ

 隣の車の下からただならぬ気配。振り返ると白黒ぶちの猫が一匹。痩せてはいても鋭い眼光。厳しい世界で生き抜いている野良猫の顔だ。記念に一枚。『針の眼』のドナルド・サザーランドがフッと頭をよぎった。非情な世界に生きるのは猫もスパイも一緒かな。

 【題名】針の眼 【監督】リチャード・マーカンド 【原作】ケン・フォレット  【出演】ドナルド・サザーランド
| 写真 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
Nikon newFM2
FM2

 2006年は一部のカメラファンには、忘れられない年になった。NikonFM3の生産中止が発表されたからだ。最高級機のF6は残るというものの、プロカメラマンからアマチュアにまで人気のある実用機がなくなるのは残念である。
 写真は、FM3の前モデルであるnewFM2である。世界の果てまでどのカメラを持っていくかとの命題があれば、私は信頼性の高いこのカメラを選ぶ。デジカメのような充電の必要はないし、機械式カメラであるから電池がなくなってもなんとかなる。評判のよいNikonF3も使ってみたが、私にはnewFM2の方がしっくりとくる。願わくば、フィルムがなくなるまで末永く使おうと考えている。

| 写真 | 09:23 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
デジカメさん
オリンパス

 屋内に動物がいると、何でこんな所に動物の毛があるのだろうと驚く事が、たびたびあります。食器、礼服、パソコン、書籍...などなど。写真のデジタルカメラには、動物の毛が、なんとレンズとレンズの間に入っていました。レンズの着脱式でないにも関らず、どうやって入ったのか判りませんが、不思議ですね。
 写真は、OLYMPUS CAMEDIA C-5050というデジタルカメラです(接写に強いOMシリーズに憧れて、顕微鏡もOLYMPUSです)。コンパクトカメラなのにF1.8という明るいレンズが魅力の高機能のカメラでしたが、バッテリー切れに泣かされ、現役引退となりました。銀塩カメラに比較するとデジタルカメラの寿命は悲しいくらい短いのが、残念でなりません。
| 写真 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ